2023年6月21日

【小規模事業者持続化補助金2023】第13回の公募要領公開!締切は2023年9月7日まで

大阪市都島区の行政書士デザイン事務所です。

 

2023年3月3日に令和4年度第2次補正予算における小規模事業者持続化補助金<一般型>第13回の公募要領が公開されました。 受付終了

 

公募要領

 

前回公募分から引き続き、一般型(補助上限額50万円)に加えて、特別枠(補助上限額200万円)とインボイス特例(50万円上乗せ)が設定されています

 

特別枠は、以下の4つになります。

 

賃金引上枠 事業場内最低賃金を地域別最低賃金より+30円以上とした事業者

卒業枠 小規模事業者として定義する従業員数を超えて規模を拡大する事業者

後継者支援枠 アトツギ甲子園のファイナリスト等となった事業者

創業枠 過去3年以内に「特定創業支援事業」による支援を受け創業した事業者

 

インボイス枠の内容は、以下になります。

 

免税事業者が適格請求書発行事業者(課税事業者)へ転換した場合、通常枠(50万円)、特別枠(200万円)の補助上限額は、それぞれ100万円、250万円に引き上げになります。

 

インボイス特例

公募要領|全国商工会連合会)

 

ホームページはこちら

 

小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者(常時使用する従業員数が所定の人数以下の中小企業や個人事業主)が経営計画を自ら策定し、商工会・商工会議所の支援を受けながら取り組む販路開拓などの取組を支援する補助金制度です。

 

スケジュール

令和4年度第2次補正予算における小規模事業者持続化補助金<一般型>のスケジュールです。

 

商工会議所による事業支援計画書(様式4)の発行受付は、各締切日の1週間前までになります。

 

第12回締切 2023年6月1日(事業支援計画書交付の受付締切 2023年5月25日) 受付終了

第13回締切 2023年9月7日(事業支援計画書交付の受付締切 2023年8月31日) 受付終了

 

変更点

前回からの変更としては、重点政策加点には「赤字賃上げ加点」「事業環境変化加点」「東日本大震災加点」に加えて「くるみん・えるぼし加点」が追加、政策加点には「パワーアップ型加点」「経営力向上計画加点」「事業承継加点」「過疎地域加点」に加えて「一般事業主行動計画策定加点 」が追加されました。

くるみん・えるぼし加点

くるみん・えるぼし加点とは、次世代育成支援対策推進法(次世代法)に基づく「くるみん認定」を受けている事業者、もしくは女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づく「えるぼし認定」を受けている事業者に対して、採択審査時に政策的観点から加点が行われます。

 

加点を希望される方は、申請時に基準適合一般事業主認定通知書の写しの提出が必要になります。

一般事業主行動計画策定加点

従業員100人以下の事業者で「女性の活躍推進企業データベース」に女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を公表している事業者、もしくは従業員100人以下の事業者で「両立支援のひろば」に次世代法に基づく一般事業主行動計画を公表している事業者に対して、採択審査時に政策的観点から加点が行われます。

 

重点政策加点の「くるみん・えるぼし加点」でも申請している場合は、重点政策加点分のみ加点されますのでご注意ください。

 

くるみん・えるぼし

問い合わせ

小規模事業者持続化補助金に関する不明点は、小規模事業者持続化補助金事務局へ問い合わせてください。

 

電話(03-6632-1502)  

 

受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00(土日祝日、年末年始除く)

 

申請時によくあるご質問も公開されていますので、ご活用ください。

 

申請時によくあるご質問  

 

まとめ

2023年6月14日に小規模事業者持続化補助金<一般型>第13回の公募要領が公開されました。

 

第13回の応募締切は2023年9月7日、商工会御所での事業支援計画書交付の受付締切は2023年8月31日となっています。

 

補助事業実施期間は交付決定日から2024年7月31日まで、実績報告書の提出期限は2024年8月10日です。

 

小規模事業者持続化補助は、販路の開拓を目指す小規模事業者のための補助金制度です。

 

補助対象も広く、従業員の少ない小規模事業者や個人事業主、フリーランスにもとても使いやすい補助金になっています。

 

小規模事業者持続化給付金の応募方法は、電子申請(Jグランツ )と郵送申請が用意されています。

 

電子申請(Jグランツ)に必要なGビズIDの発行には一定の期間がかかりますので、電子申請を予定されている方は事前に作成をしておきましょう。

 

GビズIDを作る

 

【GbizID】Jグランツでの補助金申請には必須!GビズIDの取得方法

 

 

行政書士デザイン事務所では、クリエイターの制作活動に必要な許可申請や補助金の申請サポートをしています。

 

小規模事業者持続化給付金に関しても申請サポートを行っています。

 

着手金 55,000円(税込)

成功報酬 採択額の8.8%(税込)

 

小規模事業者持続化補助金第13回の申請サポートのご依頼は、2023年7月24日まで受付けています。

 

申請サポートのご相談は、お電話(06-7896-7707)、または問い合わせフォームからお願いします。

 

問い合わせフォーム

 

【小規模事業者持続化補助金】ご依頼から補助事業開始までの流れ